再受験、医学生そしてパパに

理学療法士から医学部を再受験した人のブログ。国立大学医学科6年。在学中に結婚し、娘も生まれました。

スポンサーリンク

再受験データ

【入試不正問題】合格に関わる全ての基準は募集要項に書かれるべき

こんにちは、さんだです。 先日、話題になったこのニュース。 mainichi.jp 「ルールを定めて、募集要項に書くように」っていうことなんですね。もちろんそれがあるべき姿。去年の入試不正問題だって、募集要項に書いてあったらここまで大きくはなってないと…

「医学部はどこも同じなのか」問題について

ここ数日、「医学部はどこも同じ」論がTLを賑わせております。今回はこのことについて。 ちなみに、僕は「どこも同じなわけがない」という意見です。まぁ、このことが話題になること自体が、同じではないということを示してもいますし。 それぞれの意見 「医…

コストパフォーマンスで見る私立医学部ランキング(2019年度入学版)

こんにちは、さんだです。 ちちもげさんが以前、こんな記事を出されました。 titimoge.com 入学するときは考えてなかったけど、ストレートで医師になれるかっていう指標は重要ですね。半分が留年や国試不合格になる大学と、ほぼ全員がストレートで国試に合格…

高校時と再受験時の成績を比較してみた

こんにちは、さんだ@再受験医学生 (@sanda_igaku) です。 マジで寒くなってきましたね。体調が悪いと勉強どころではないので、みなさんお気をつけて。 前回までに、模試とセンター試験の結果とそこから受験校決定までの過程を書きました。 この成績は実家に…

センターリサーチと悩みまくった受験校決め

こんにちは、さんだ (@sanda_igaku)です。 前々回と前回で、模試の成績やセンター試験の自己採点の結果を書きました。 www.sanda-igaku.com www.sanda-igaku.com 今回はセンターリサーチの結果と、そこからどのようにして受験校を決定したのかを書いていきま…

多浪・再受験の志望校に関する個人的見解

こんにちは、さんだ@再受験医学生 (@sanda_igaku) です。 何回かに渡って行った「22歳以上の大学受験分析」のネタが尽きました。時間があったら私立大学の分析を行いますが、早くとも10月末です。 今回は総評や注意点を述べたいと思います。 記事のまとめ こ…

面接点数化の有無で22歳以上の合格率に差はないらしい(医学部一般入試)

こんにちは、さんだ@再受験医学生 (@sanda_igaku) です。 前回は「偏差値が高い大学ほど、22歳未満に比して22歳以上の合格率は低い」ということを示しました。 sanda-igaku.hatenablog.com 今回は、「面接」について検証したいと思います。「面接が点数化さ…

偏差値が高い大学ほど、22歳以上の合格率が低いことが判明

こんにちは、さんだ@再受験医学生 (@sanda_igaku) です。日に日に寒くなっていきますね。 前回の記事では、22歳未満と22歳以上で合格率の比を求めました。 sanda-igaku.hatenablog.com このランキングを見てみると、偏差値の影響がありそうな気がします。 偏…

医学部一般入試における合格率比(22歳未満vs22歳以上)を求めました

こんにちは、さんだ@再受験医学生 (@sanda_igaku) です。 NHKのアナウンサーが医学部を目指して退局されたそうですね。医学部再受験が世間に知られるニュースですね。 前回は一般入試合格者における22歳以上の割合を報告しました。 sanda-igaku.hatenablog.c…

一般入試合格者における多浪・再受験の割合を求めてみた(9/25追記)

こんにちは、さんだ@再受験医学生 (@sanda_igaku) です。 東京医大の入試において差別があったとして、文部科学省から調査が行われました。 医学部医学科の入学者選抜における公正確保等に係る緊急調査について:文部科学省 性別だけでなく、年齢ごとの受験…

退職→再受験に最低いくらかかる?貯金の目安は100万円。

こんにちは、さんだ@再受験医学生 (@sanda_igaku) です。 お金の問題、気になりますよね。僕も悩みましたし、質問箱にも投稿を頂きました。 今、まとめている最中なのですが、難航してます。実家などで生活できるのか、一人暮らしなのか、受験に費やす期間な…