再受験、医学生そしてパパに

理学療法士から医学部を再受験した人のブログ。国立大学医学科5年。在学中に結婚し、娘も生まれました。

スポンサーリンク

医学部一般入試における合格率比(22歳未満vs22歳以上)を求めました

こんにちは、さんだ@再受験医学生 (@sanda_igaku) です。

 

NHKのアナウンサーが医学部を目指して退局されたそうですね。医学部再受験が世間に知られるニュースですね。

 

前回は一般入試合格者における22歳以上の割合を報告しました。

sanda-igaku.hatenablog.com

 

 今回は一般入試における合格率の差を検証してみたので報告します。

 

 

 

表の見方

 22歳以上の合格者数は依然と同じく、医学部医学科の入学者選抜における公正確保等に係る緊急調査について:文部科学省から参照しました。ですが、この文書の受験者数や合格者数は、一般入試、推薦入試、AOなどをすべて含めた数字でした。

 

そこで、一般入試における受験者数と合格者数は大学受験パスナビ:旺文社より参照しました。(ちなみに前回の記事の受験者数もここから引っ張っています)

 

このサイトの数字が正しいかどうかは、適当に10大学程度で公開されている受験情報と照らし合わせて検証済みです。いくつかの大学では、公開されている年度に限りがあるので、数字においてはこちらのサイトを利用しました。

 

 

この記事では合格率比を以下のように出しています。

 

合格率比=22歳以上の合格率/22歳未満の合格率

 

22歳以下の合格率を1とした値を提示しています。

つまり、この値が1より大きければ22歳以上の合格率の方が高く、1より小さければ22歳未満の合格率の方が高いということです。1より大きい、すなわち22歳以上の合格率が高い大学、年度は緑色で塗ってあります。

 

 

先に似た記事を書いた人は分母と分子が逆でしたが、僕はこちらで。統一したかったんですけど、処理の問題と今後への展開を踏まえるとこちらの方が都合がよかったので...。

 

大学ごとの3年間の合格率比較

というわけで、22歳以上と22歳以下で合格率の比較を行いました。少し見にくいのはご容赦ください。

国立大学

f:id:sandaigaku:20180928231025p:plain

f:id:sandaigaku:20180928231043p:plain

f:id:sandaigaku:20180928231052p:plain

f:id:sandaigaku:20180928231101p:plain

f:id:sandaigaku:20180928231109p:plain

f:id:sandaigaku:20180928231119p:plain

公立大学

f:id:sandaigaku:20180928231509p:plain

 

合格率比のランキング

3年間合計の合格者数/3年間合計の受験者数によって、ランキング表にしたのがこちらです。3年間の合格率比の平均ではないので注意してください。比の平均をとると、1を超えた値の影響が大きくなってしまうので、合計数にて計算しています。

 

f:id:sandaigaku:20180928231937p:plain

数字はあくまでも「受験者数に対する合格者の割合」で出してるので、前回のランキングとはまた違いますね。極端な話、2人受けて1人受かれば合格率50%と高い値が出てしまうことに注意しましょう。

 

鳥取、島根、山形、山口なんかはそれなりの数の受験者がいて、合格率比もかなり高めです。一方、22歳以上の合格者数の割合が高いのに、合格率で見るとそこまで高くない大学があることもわかります。これをもって、寛容or不寛容とは言えません。受験生の学力が一定ではありませんから。

 

合格率比やそのランキングを出しておいてなんですが、差別をどうしても気にしてしまう人は絶対数で見た方がいいと思います。22歳以上の合格実績があるかどうか、ですね。ぜひとも前回の記事をご覧ください。

 

でも、偏差値の高い大学がランキングが低い気がしませんか・・・?次回はこの辺を検討してみたいと思います。

 

Twitterで質問箱を設置してますので、何かありましたらお気楽にどうぞ。