再受験、医学生そしてパパに

理学療法士から医学部を再受験した人のブログ。国立大学医学科5年。在学中に結婚し、娘も生まれました。

スポンサーリンク

教員が学生を評価するとき、学生も教員を評価しています

こんにちは、さんだ@再受験医学生 (@sanda_igaku) です。

 

 1個上の先輩方のマッチング(医師の就活みたいなもの)結果が出て、「来年は自分らの番か~」と希望と不安を抱えております。気が付けば卒業まであと1年半。短くも感じますが、やっぱり長いです。

 

 

 マッチングや国試を迎えるためには、今行われている実習を乗り切らんと行けないんです。実習自体はめちゃくちゃきついってわけではないのですが、お会いする先生には色んな方がおられまして。一か月ほど前にそういう方を反面教師にしようという記事を書きました。

 

 

 

 でも、ほんと医師として以前に、一人の人間として尊敬できない先生っていらっしゃるんですよ。今回はそんな愚痴。

f:id:sandaigaku:20181020005406p:plain

 

実習で噂になるのはだいたい「やばい」先生

 実習は一班4-5人で各科を順番に回っていくわけです。だから、最初のローテーションでない限り、「この先生には気をつけた方がいい」って情報が回ってくるんですね。ですが、「この先生は優しく教えてくれるよ」というポジティブな情報は出てくるのが遅いんです。そりゃそうですよね。快と不快なら、不快の方が強く感じますもん。

 

 

 「やばい」の感じ方は人それぞれなのです。雑談や質問を振るのが多くて敬遠される空回りの先生もいれば、社会人としてどうなんって先生もいる。後者の先生はもれなく良くない評価を受けてますね。

 

 

「やばい」先生を尊敬できるわけがない

 いるんです。僕も噂で聞いた時には「言うてそこまでやろ」と思ってたんですけど、実際に心ないことを言う先生っているんですよ。直接目にしたのはこんな感じ

 

 

・学生を「お前」と呼ぶ

  名前で呼べとは言わないけど、お前呼ばわりされる筋合いはないですよね。学生にや部下には無礼でいいと思っているのでしょうか。

 

・「君たちは頭が悪い」と脈絡なく言う

  まず、何を根拠に言ってるのか分からない(ちなみにうちの大学は国試成績などは良い方)。次に教育してるのは先生方であって、しかもこれを科のトップの先生が言うもんだから面白い。単純に教育できてないだけじゃないですかね。もはや高度な自虐かと思えてきますね。

 

・同科の医師を貶める

  上の先生が「あいつはダメだ」って言うのも、下の先生が上の先生に対して「あの先生はだめだ」って思うのは別に止めないけど(止められるものでもないし)、少なくとも学生の前で言っちゃだめでしょう。

 

・他の科や施設の悪口を言う

  社会人として完全にアウト。自施設に誇りを持つのと他を貶めるのはイコールなわけがない。

 

・明らかに機嫌が悪いまま診療を行う

  プロなんだから切り替えるべきでしょう。

 

 

学生は一緒に働く人を見定めています

 上に書いたような先生がいるところに誰が入ろうと思いますかね。学生に対する扱いは、そのまま職場仲間に対する扱いになるでしょう。

 

 

教育として厳しく言う?優しく言っても聞かない?フレンドリーに接してるだけ?

 

 

ご自身の指導力と求心力を棚にあげてはおられないですか?理不尽と厳しい指導は違います。優しい指導と甘やかすのも違います。フレンドリーなのと礼儀がないのも違います。学生はそれを敏感に感じ取りますよ。

 

 

 高いお金をかけて「うちはすごいよ学べるよ」という入局説明会をしても、内情が分かってる人は行きませんて。だって他のところに行くことができるわけですから。初期研修でも他の病院で研修できるところは多いですし、専門研修も基幹施設での研修義務は1年なので、残りは他の施設で研修すればいいわけです(実際にできるのかは知りませんが)。

 

 

 他施設を馬鹿にする先生で「大学から人が離れる。大学以外で研修を受けて何になるのか。」っておっしゃってる人がいました。なんで大学から人が離れるかわからないんですかね。理不尽な扱いがあるからに決まってますよ。もともとやりがいであったり、研鑽であったりと、お金以外のことを重視する人種が集まってるのが医学部です。多少の理不尽があっても、大学での研修がそれなりに魅力的なものであれば臨床研修制度が始まっても外に人が出ていくことはなかったんです。

 

 

学生は声を上げていいと思う

 恐らくどこの大学も、実習委員会みたいな部署があると思います。嫌なことはどんどん言っていいでしょう。あんまりひどい実習をされると、病院としてもマッチング希望者が減るというデメリットがあります。

 

 ですが、あげるべきとは言えません。何かを発信するのはエネルギーがいりますし、言ったところで直後に変わるわけではないですから。何か理不尽な扱いを受けた時、「いざとなったら、言うべき場所がある」という意識があると楽に過ごせるかもしれませんね。

 

 

 

書いたらだいぶすっきりしました。自分が指導者になったら学生には適切に接したいなと思います。きっと難しいことでしょうけど、少なくともこういう先生みたいにはなりたくない。Twitterで質問箱を設置してますので、何かありましたらお気軽にどうぞ。