再受験、医学生そしてパパに

理学療法士から医学部を再受験した人のブログ。国立大学医学科5年。在学中に結婚し、娘も生まれました。

スポンサーリンク

勉強のやる気が出ない、そんなときは。

こんにちは、さんだです。

 

 最近、どうしようもなく眠たいのですが、何か対処法はありませんかね......?こんなに急に寒くなると、いろんなやる気が削がれるのであります。もちろん、勉強に関するやる気も。

 

 

 というわけで、今回は「勉強のやる気がでないときは?」というテーマです。受験勉強でも、医学部の勉強でもやる気って大事ですよね。

 

 

 

 

みんな、やる気が出ないことがあるはず

 僕は「あー、勉強しなきゃいけないけど、やる気でねぇなぁ」っていう日がよくあります。というか、みんなあるでしょ?やる気が出ない日がないってのは一部のすごい人だけではないでしょうか。

 

 

 「勉強を日常に落とし込むとつらくないよ。テレビ見るの苦痛じゃないでしょ。」みたいな意識高い人もいるでしょう。でもね、無理。やる必要性を感じていても、どうしても体と心が拒否する日だってあるんですよ。

 

 

 そういう時に「あー、みんなやってるのに、自分は何をやってるんだろ」って思うとすごくつらいし、みじめな気持ちになるので、僕はなるべく「みんな、さぼることもあるよ」って思うようにしています。ポジティブに生きないと長い期間勉強を続けるのって無理ですしね。

 

 

対処法

 でも、「みんなも同じ」っていうのに甘えてたら何も始まりませんし、自分の描く理想に対して近づけません。勉強というのはやる気があるときは、みんなある程度できるわけです。やる気がでない日をどうやって過ごすかによって、差が生まれるのではないかと思います。ですから、僕なりの方法を皆さんにも伝えます。きっと、なにかの、やくにたつはず。

 

 

対処法①何でもいいから動く

 とにかくこれです。勉強のやる気が出ないんだったら、他のことをやりましょう。できたら、勉強につながりそうな何かがいいですけど、思いつかなかったら何でもいいです。

 

 

 一番やったらいけないのが、「勉強しなくちゃ、でもやる気がでない」となった状況と同じままで時間を過ごすことだと思います。まず、スマホを置こう。そして、できたら移動しましょう。そのまま勉強できるのなら良し。勉強できないのなら、例えば大学や病院の情報探してみるとか、ネットで問題眺めてみるとか、論文探してみるとかしてみましょう。その際に、区切りを予めつけましょう。「何分から勉強する」といった感じに。

 

 

 もしくは家事とか掃除とかをしてから、勉強に移行するコースで。とにかく動こう。何かをするやる気は、何かをすることで出てきません(きっと)。少なくとも「やる気が出たら勉強しよう」だと永遠に始まらない。

 

 

  僕は、家事かブログを書くか、軽い筋トレをするようにしています。「これが終わったら勉強だ」って気持ちでいると、そのままスムースに勉強に移行できることが多いです。家事はそこまで時間がかからないですし、ブログは1時間のタイムリミットを設けています。筋トレはすぐに疲れてやめます。それが終わったら勉強開始です。

 

 

対処法②おとなしく寝る

 僕は家庭事情もあり、夜中に勉強することが多いです。でも、どうしてもやる気が出ないときはすぐに寝ます。やる気が出ないと言ってぐだぐだしてる時間が一番生産性がないからです。しっかり切り替えて次の日頑張った方がいいでしょう。体力的にも余裕ができそうですし。

 

 

 あと、お勧めなのが仮眠。僕はよくとります。21:30から30分間寝てから勉強を始めることが多いです。15分くらいのお昼寝も有効ですね。短時間の睡眠はすっきりして、勉強につなぎやすいですよ。1時間とか寝ちゃうと戻ってこれなくなるのでご注意を。

 

 

自分にあったペースややり方を見つけよう

 僕はこの2つの方法で何とか勉強をしています。勉強計画も、理想の進度での計画を立てて、それを0.7倍する感じの計画で立ててます。たまに寝る日があるのも織り込み済みというわけです。

 

 

 人それぞれ生活リズムや習慣があると思いますので、それにあった対策を探してみてはいかがでしょうか。そして、「こんな風にやってるよ」というのがあれば僕に教えてください。必死なんです。

 

 

 Twitterでは質問箱も置いてますので、お気軽に絡んでください。

 ・・・ただいま、23:03です。勉強を始めます。