再受験、医学生そしてパパに

理学療法士から医学部を再受験した人のブログ。国立大学医学科6年。在学中に結婚し、娘も生まれました。

スポンサーリンク

国家試験勉強はmedu4だけをやりきります

こんにちは、さんだです。

 

 先日、今年の国家試験合格発表があり、次は僕らの番になりました。勉強も本格的に始めなければならないタイミングです。

 

 勉強に関しては以前、こんなツイートをしました。

 

 

  この説明を今回はしたいと思います。

 

 

動画はmedu4だけ

 講義はmedu4が提供するもののみを利用します!

 

 よく言われるサマライズなど他社のものは取りません。medu4のもので購入していないものは今年購入、購入しているものは更新して勉強します。

 

 理由は単純です。一つのものを完璧にしたら受かるはずだから。

 

 すべての予備校の講座が、医師国家試験の過去問をベースに作られている以上、内容に大きな差はないのではと思っています。

 

 「それじゃ過去問しか対応できないじゃないか」

 

 と思われる方もいるでしょう。でも、医師国家試験の出題基準は公表されているのです。

www.mhlw.go.jp

 

 予備校が「国家試験対策」を謳う以上、これを知らないわけがない。過去問だけでなく、これに沿った教材がまとめられているはず。ですので、一つの教材をしっかりやれば合格には足ると考えます。

 

 ちょっと前に、参考書を山積みにした写真とともに「これだけやっても東大は受からないんですよ」ってツイートが話題になったでしょう?医学生や東大生はあれを見て「参考書使い過ぎ、ちょっと絞って完璧に理解してやれよ」って思ったでしょう?あれと一緒。無闇に何個も手を出すのは悪手でしょ。

 

 多くのものに手を出すと、単純にこなすことに時間がかかります。そもそも元が同じなんだから、絶対に内容が被る。それだったら同じものを使っていいと思うんですよね。あと家事とかあって、他の学生と同じだけの時間がないというのも大きいですけどね。

 

なぜmedu4を選ぶのか?

 ずばり安いからとペーパーレスだから。色々が圧倒的に楽。

 

僕の使用しているパソコンはこちら。

www.sanda-igaku.com

 

勉強の様子はこちら。

www.sanda-igaku.com

 

 

演習はデータベース。QBは買いません。

 これもご意見いただいて迷いましたけど、やっぱりQBは買う理由が見当たらない。QBってのはクエスチョンバンクね。

 

 演習だけならmedu4の過去問データベースでできます。データベースの解説は確かに薄いけれど、多くの問題が動画講義に掲載されていて、そこでは解説がなされているのでそれを見れば大丈夫でしょう。

 

 あと、病気が見えるシリーズやQBは「大事なところ並べました」感が苦手。自分がまとめたものなら過程も含めて頭に入るけど、そうでなくてまとまりすぎてるので目が滑る。自分で調べて知識を蓄えていきます。

 

模試は迷い中

 模試だけは他者のものを利用するかもしれないけど、これは悩んでます。模試を受けたとしても受けなかったとしても、その後にやることはあんまり変わらないから。すごく「とりあえずのCT」みたいな感じがある。

 

 予想問題としての効力があるようには思えず、方法がすでに定まっている以上、軌道修正などをする必要もなく、やり直しを、目を滑らさずにしっかりやるのはかなりの時間がかかりそうでもある。

 

 ただ、自分の位置を知るのにはこれしかないので、模試を受ける場合はそれが目的になりそうです。あと、安心を金で買う感じ。

 

 まぁ、受けたら成績は全部ブログに載せたいと思います。

 

 

これで落ちたらもう知らん、までやり込む

 これは一つ上の先輩に相談した結果です。その先輩は、同様のやり方で合格していますし、その人を信頼しています。もちろん、鵜呑みにするのではなく、自分で考えてやっぱりここに落ち着きました。

 

 冒頭にも書きました通り、一種の決意表明でございます。やり方は間違ってないと思うから、これで落ちたら僕の努力不足か能力不足ですわ。

 

 ということで、国家試験の勉強頑張ります!114回組がんばろう!!